株式会社CHF

0120-8038-22 お問い合わせ
Tポイント
高知本社  高知県高知市鴨部上町7-13
岡山営業所 岡山県岡山市南区新保654-7
シロアリレスキュー隊 木材劣化対策 ホウ酸処理

長期間効果が持続するシロアリ予防の「ボロンdeガード工法」。
有効成分にホウ酸を使用した木材保存剤をプロの技術者が施工処理することで、最大15年の保証を付与することができる責任施工システムです。
ホウ酸は、シロアリ対策・木部の腐れ防止・防虫に対して効果を発揮し、しかも、長期間その効果を持続させ続けることができる特徴を持っております。
再施工、再処理をすること無く、いつまでも予防効果を期待することができます。
人間の体にも優しいことから、世界では常識の木材保存剤です。

ボロンdeガード

現在、一般的に木造住宅を建築するときの防腐防蟻処理は、合成殺虫剤で行われていることがほとんどです。
もとは自然界にあった虫よけの効果をもつ植物などの成分を化学的に合成したものなどがあります。
収納などに使う防虫剤もこの類で、虫、環境、そして人や動物にも強すぎるその作用のため、かならず数年で分解されるようにできています。
つまり数年後には何もバリアが施されていない無防備な状態となってしまいます。
効果の消えた数年後、生活が始まってしまっている住宅の柱や壁の中の木部全てに再度薬剤の処理をする事が難しいことはいうまでもありません。
ここに再処理不要のボロンdeガード®工法を選んでいただく正しい理由があります。